ハイブリッド車

ハイブリッド車といえば

ハイブリッド車といえば

ハイブリッド車

ハイブリッド車は、ガソリンエンジンと電気自動車の中間ぐらいというのは、今は知られている事です。これにより、自動車業界では、電気自動車を作成すればよいのに、なぜハイブリッドを作ったのでしょう。

 

電気自動車は、現在の技術で解決すべき課題があります。まずはバッテリーです。走行距離を増やすには、バッテリーを多く載せて通わなければならのに重いバッテリーを積んでたら、車が遠くに行くことができません。

 

最終的に適切なレベルで妥協する必要があり、電気自動車で市販されているシボレーのボルトや日産のリーフの走行距離が100q台を見ると理解がされます。

 

従って、自動車メーカーは、ガソリンエンジンを加えて、ハイブリッド方式で電気自動車を作成します。もちろん、未来の自動車はハイブリッドではなく、電気自動車の形になるという主張もあります。


自動車メーカーもこれをよく知っているが、現在の技術と環境にはハイブリッドが実用的との見方から、ハイブリッド車を作っています。

 

トヨタのハイブリッド車の開発を担当している会社だカタ修チーフエンジニアは、記者と会った席で、「電気自動車が今のガソリン車だけ走行することができれば、我々はハイブリッドを作らなかっただろう」とし「電気自動車の走行距離が短いため、ハイブリッドを作ったバッテリーの問題だけ解決した場合、すぐにでも電気自動車を出すことができる」と述べました。

 

ハイブリッド車が電気自動車への中間段階であることを明らかにしたものです。

 

このような理由から、ハイブリッド車は電気自動車と内燃機関自動車との間で中間の役割を果たしてきました。

 

ガソリン1リットルで20qを遥かに超える優れた燃費と静かな電気モーターが競争力を提供しました。

 

しかし、高い生産単価に会社の立場では、収益の多くをビジネスではなく、政府の補助金などの支援策が切実な車でもあります。

 

ハイブリット車の雄、プリウスを売るには…?
プリウスの買取額を上げるテクニックを公開【簡単】

 

ハイブリッド車


ホーム RSS購読 サイトマップ